テトラパックリサイクル便とは

「テトラパック リサイクル便」は、
ご家庭*と再生紙メーカーを直接つなぐ、使用済みアルミ付き紙容器回収便です

飲み終わったら、開いて、洗って、乾かして、お送りするリサイクル便専用回収箱(リターンパック)*に入れてお送りください。送料のご負担は不要です。

*法人様向けテトラパックリサイクル便についてはこちらをご覧ください。

アルミ付き紙容器は、長期常温保存が可能という特長から、冷蔵管理ができない地域、例えば被災地や発展途上国での流通に有効で、また家庭でのストックにも便利です。しかしリサイクルの面では、牛乳パックに代表されるアルミ無しの紙容器に比べて流通量が少ないこと、再生紙工場の従来の設備では対応ができないことなどで回収・再生に手間とコストがかかることから、なかなか広がってきませんでした。
こうしたなかで、まずは「アルミ付き紙容器はリサイクルできることを消費者の皆様に知っていただこう」と、始めたのが、このリサイクル便です。2008年4月の約1.5㎏の回収からスタートして、今では年間約10トンにのぼっています。
利用しやすいリサイクル便、そしてアルミ付き紙容器が当たり前にリサイクルされる社会を視野にいれながら、改善・運営に努めてまいります。
皆さまのご参加とご協力をお待ちしています。

お住まいのお近くにスーパーマーケットや生協での店頭回収がある、自治体の回収や公民館等での集団回収がある皆様は、そちらをご利用ください。

*法人様向けテトラパックリサイクル便についてはこちらをご覧ください。

「テトラパックリサイクル便」は、ご家庭と再生紙メーカーを直接つなぐ、使用済みアルミ付き紙容器回収便です

こちらでは、アルミ付き紙容器の回収拠点等(日本テトラパック サステナビリティ部調べ)をご紹介しています。

私たちが「テトラパック リサイクル便を運用します」