新規メンバー登録

「テトラパックリサイクル便」をご利用いただくには、規約に同意の上、ご登録をお願いいたします。

テトラパックリサイクル便規約

第1条(目的)
この『テトラパックリサイクル便』規約(以下「規約」といいます)は、日本豆乳協会、コアレックス信栄株式会社、日本テトラパック株式会社、の3者(以下「運用3者」といいます)が運用する使用済みアルミ付き紙容器を資源として再生紙メーカーに納入する『テトラパックリサイクル便』システム(以下「本システム」といいます)を利用するに当たっての利用条件を定めるものです。

第2条(本システムの概要)
1.本システムの利用を希望する者は、本サイト上の、所定の登録事項を正しく記入し、メンバー登録を申請することによって、本システムの利用を申し込むものとします。
2.運用3者は、メンバー登録を完了した者に対してメンバーIDを貸与するものとし、これを当該登録申請者に通知するものとし、これをもって本システムの利用が許可されることとします。(以下メンバー登録を完了し、本システムの利用を許可されたものを「メンバー」といい、これには法人も含むものとします)
3.メンバーは、本サイトを通じてテトラパックリサイクル便推進事務局に請求することにより、使用済みの以下の回収対象容器(以下「回収対象容器」といいます)を返送するための本システムの専用回収箱(以下「専用回収箱」といいます)を取得することができます。
容量1L以下のテトラパック社製アルミ付き紙容器
4.メンバーは、開き、食物残滓が無いように洗浄し、乾かした回収対象容器を専用回収箱に封入し、所定の場所に持参することにより、無料で再生紙メーカーに送ることができます。

第3条(IDの管理)
メンバーは、本システムを利用するためには、メンバー登録時に発行するIDおよびメンバー各自が設定するパスワードを使用するものとし、IDおよびパスワードの借り受けおよび貸出を行いません。IDおよびパスワードをメンバー本人が責任をもって管理し、IDおよびパスワードの盗用、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等に伴う損害、費用の発生について、運用3者は一切の責任を負いません。

第4条(メンバーの地位の貸与・譲渡)
メンバーの地位はいかなる人(法人を含む)へも貸与、譲渡、質入れなどをすることはできません。メンバーの地位の貸与、譲渡、質入れ等に伴うメンバーその他の第三者への損害、費用の発生について、運用3者は一切の責任を負いません。メンバーの地位の貸与、譲渡、質入れ等に関連して運用3者に損害、費用が発生した場合、当該貸与、譲渡、質入等を行った当事者がその全額を賠償するものとします。

第5条(秘密保持およびメンバー情報の保護)
1.メンバーが届出た事項および本システムの利用に関する情報等、運用3者がこの規約に係る業務に関して入手した当該メンバーの個人情報(以下「メンバー情報」といいます。)は別途運用3者がそれぞれ定める個人情報保護に関する規程に基づき、適切に取扱うものとします。
2.運用3者は、メンバー情報を、本システムの提供以外の目的のために利用せず、また第三者に開示したり、提供したりしないものとします。

第6条(会員間の情報)
本システムの利用を通じてメンバー同士でなされた情報の授受、およびそれに付随して行われる行為について運用3者は一切責任を負わないものとします。

第7条(登録事項の変更)
メンバーは、利用登録時に登録した自己に関する登録情報に変更が生じた場合、すみやかに本サイト上のメンバー専用ページから登録事項の変更を行うものとし、変更後の登録情報に変更が生じた場合も同様とします。メンバーの不注意または入力事項などの不備により、当該メンバーに不利益が生じても運用3者は責任を負いません。

第8条(禁止事項)
メンバーは、次の各号に該当することを行ってはなりません。
1.本システムを不正の目的をもって利用したり、営利を目的とした利用をしたりすること。
2.運用3者と運用3者に関連する企業、団体、本ウェブサイト運用企業、もしくは第三者の商標権、著作権、意匠権、特許権などの知的財産権およびその他の権利を侵害する行為、またはそのおそれのある行為。
3.第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
4.第三者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
5.詐欺等の犯罪に結びつく、または結びつくおそれのある行為。
6.わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待に相当する画像、文書等を送信または表示する行為。
7.無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為、またはマルチまがい商法を助長するような行為。
8.本システム利用によりアクセス可能な運用3者または第三者の情報を改ざん、消去する行為。
9.第三者になりすまして本システムを利用する行為。
10.有害なコンピュータプログラム等を送信し、または他者が受信可能な状態におく行為。
11.選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為。
12.第三者に対し、無断で広告・宣伝・勧誘等の電子メールを送信する行為または嫌悪感を抱く、もしくはそのおそれのある電子メールを送信する行為。連鎖的なメール転送を依頼する行為および当該依頼に応じて転送する行為。
13.第三者の設備または運用3者のサービス用設備(運用3者がサービスを提供するために用意する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為、またはそのおそれのある行為。
14.本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段により第三者の個人情報を収集する行為。
15.上記各号の他、法令、この規約もしくは公序良俗に違反(売春、暴力残虐等)する行為、本システムの運営を妨害する行為、運用3者の信用を毀損し、もしくは運用3者の財産を侵害する行為、または他者もしくは運用3者に不利益を与える行為。
16.上記各号のいずれかに該当する行為(当該行為を第三者が行っている場合を含みます。)が見られるデータ等へ当該行為を助長する目的でリンクを張る行為。

第9条(メンバー登録の抹消等)
1.メンバーは、本システムのウェブサイト上のメンバー専用ページからメンバー登録の抹消を届け出ることができ、運用3者は、メンバー登録の抹消の届け出を受理した時点で、メンバー登録を抹消し、運用3者が保管する当該メンバーについてのメンバー情報を削除します。
2.メンバーが次の各号の一つにでも該当する場合は、運用3者は、当該メンバーに何ら事前に通知および催告することなく、メンバー登録の抹消、メンバー資格を一時停止することができます。
a.メンバー登録をした個人が実在しない場合。
b.メンバーが当事務局に届け出た事項に虚偽、誤記、または記入漏れがあった場合。
c.他人の個人情報を使ってメンバー登録を行った場合。
d.IDおよびパスワードを不正に使用し、または使用させた場合。
e.運用3者が提供する情報を運用3者の承諾を得ることなく改変した場合。
f.不正の目的をもって本システムを利用し、または他のメンバーまたは第三者に利用させた場合。
g.本システムの運営を妨害した場合。
h.本規約のいずれかの条項に違反した場合。
i.メンバーについて、差押、仮差押、仮処分、滞納処分、強制執行、破産、民事再生の申し立てがなされた場合。
j.運用3者および輸送会社の受入基準(食物残渣の付着無きこと・乾燥状態であること)を満たすことなく、専用回収箱に回収対象容器等を封入した場合。
k.第9条の禁止事項に抵触した場合。
l.その他運用3者が合理的理由によりメンバーとして不適当と判断した場合。
3.前2項によりメンバー登録の抹消またはメンバー資格の一時停止がされた場合には、当該メンバーは本サイトへのアクセス、専用回収箱の新たな取得等の本システムの利用ができなくなりますが、運用3者はこれらについて一切その責任を負わず、また当該メンバーは、運用3者、関連企業および第三者が被った損失、損害および費用(弁護士費用を含む。)を補償するものとします。

第10条(規約、本システム等の変更)
運用3者は、メンバーに事前に通知することなく、規約、本システムの諸条件・運用規則、または本システムの内容を変更することがあり、メンバーはこれを承諾するものとします。この変更には、当プログラムの内容の部分的な改廃などを含みますが、これらに限定されません。また運用3者は、この変更に起因してメンバーが被った不利益、損害については、一切の責任を負わないものとします。

第11条(本システムの一時的な中断または中止)
1.運用3者は、次の各号に該当する場合には、メンバーに事前に連絡することなく一時的に本システムの運用または当ウェブサイトの一部もしくは全部を中断・停止することがあります。
a.サイトの保守、点検、修理、変更を定期的にまたは緊急に行う場合。
b.火災、停電などや、地震、噴火、洪水、津波などの天災により、提供が困難な場合。
c.戦争、変乱、暴動、争乱、労働争議などにより提供ができなくなった場合。
d.第三者によるサイトの破壊や妨害行為(データやソースコードの改ざん・破壊を含む。)などにより運営ができなくなった場合。
e.その他運用3者が本システムの一時的な中断・停止を必要と判断した場合。

2.運用3者は、その事業上の必要により、メンバーに事前に連絡することなく、本システムの全部または一部の提供を中止することがあります。この場合、中止した本システム利用にかかるメンバーの一切の権利は、運用3者が別段の定めをしない限り、直ちに消滅します。
3.運用3者は本条に基づき本システムが中断・停止または中止となったとしても、これに起因するメンバーまたは他の第三者が被ったいかなる不利益、損害について一切の責任を負いません。

第12条(本システムで提供される情報について)
運用3者が提供する加盟サイト等に関する情報は、明示されていると否とにかかわらず、その情報の市場性、目的適合性権限、適法性、安全性、正確性等に関し、運用3者はいかなる保証も行いません。

第13条(免責事項)
運用3者は、本システムの利用により発生したメンバーの損害すべてに対し、いかなる責任も負わないものとし、当該損害の賠償をする義務もないものとします。運用3者がメンバーの登録した情報を削除し、メンバー資格を停止、抹消し、本システムを停止、中断、中止等したことにつき、運用3者は事由の如何を問わず一切の損害賠償義務を負わないものとします。

第14条(規約の範囲および変更)
運用3者がウェブサイト上における表示またはその他の方法により規定する個別規定および運用3者が随時メンバーに対し通知する追加規定は、この規約の一部を構成します。この規約本文の定めと個別規定および追加規定の定めが異なる場合には、個別規定および追加規定の定めが優先します。

第15条(準拠法)
この規約に関する準拠法は、すべて日本国法が適用されるものとします。

第16条(専属的合意管轄裁判所)
メンバーと運用3者の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

付則
この規約は平成27年9月1日から実施します。