テトラパック リサイクル便とは

『テトラパック® リサイクル便』は、ご家庭と再生紙メーカーを直接つなぐ、使用済みアルミ付き紙容器回収便です。飲み終わったら、開いて、洗って、乾かして、お送りするリサイクル便専用回収箱(リターンパック)に入れてお送りください。送料のご負担は不要です。
アルミ付き紙容器は、長期常温保存が可能という特長から、冷蔵管理ができない地域、例えば被災地や発展途上国での流通に有効で、また家庭でのストックにも便利です。しかしリサイクルの面では、牛乳パックに代表されるアルミ無しの紙容器に比べて流通量が少ないこと、再生紙工場の従来の設備では対応ができないことなどで回収・再生に手間とコストがかかることから、なかなか広がってきませんでした。
こうしたなかで、まずは「アルミ付き紙容器はリサイクルできることを消費者の皆様に知っていただこう」と、始めたのが、このリサイクル便です。2008年4月の約1.5圓硫鷦からスタートして、今では年間約7トンにのぼっています。
利用しやすいリサイクル便、そしてアルミ付き紙容器が当たり前にリサイクルされる社会を視野にいれながら、改善・運営に努めてまいります。
皆さまのご参加とご協力をお待ちしています。

お住まいのお近くにスーパーマーケットや生協での店頭回収がある、自治体の回収や公民館等での集団回収がある皆様は、そちらをご利用ください。

こちらでは、アルミ付き紙容器の回収拠点等(日本テトラパック環境部調べ)をご紹介しています。

アルミ付き紙容器の回収拠点等検索:
http://www.eco-kami.jp/alupa/recycle/search.html

私たちが「テトラパック® リサイクル便を運用します」

日本豆乳協会
豆乳および豆乳類飲料の普及・啓発活動を行うことを目的に、昭和54年(1979)9月に設立された豆乳メーカー各社を会員とする団体。豆乳業界の健全な育成・発展と社会的信頼性の確保向上を図る活動をしている。
コアレックス信栄
「緑の地球を子どもたちへ」をテーマに、再生紙100%のトイレットペーパーを生産。これまで焼却処分されていた紙容器類などを回収し、ごみの減量と再資源化に努め、「資源循環型社会システムの構築」を目指している。
日本テトラパック
テトラパック® は、食品加工処理と紙容器充填包装システムの世界的なリーディング・カンパニーです。世界170ヶ国以上のお客様のニーズを満たすため、安全かつ革新的で、環境に配慮した製品を提供しています。日本におけるテトラパックは、日本テトラパック株式会社と、包材の製造工場である御殿場テトラパック合同会社の2社で構成されています。
『テトラパック® リサイクル便』 推進事務局
e-mail:TBA@recycle-bin.jp HP:http://www.recycle-bin.jp/
Tel: 03-3816-8375 お電話受付時間:平日(月〜金)10:00〜17:00

ページトップへ